>>健康にいい愛犬のためのドッグフードはこちら<<

【保存版】犬はブロッコリーを食べても大丈夫です【生も芯もOK】

【保存版】犬はブロッコリーを食べても大丈夫です【生も芯もOK】

いつも飼い主さんが美味しそうに食べているブロッコリーが気になる! 私たち犬も食べれるのかなぁ。

ちゃこ

にっこり3兄弟

はい、じゃあ、私たちもブロッコリーを食べれるのか、詳しく見ていきましょう。

上記のとおりです。

イヌニコ管理者ひろし

こういった疑問について、愛犬の健康維持や、喜ぶ顔が見たい飼い主のみなさんのために、犬の管理栄養士、ドッグヘルスアドバイザーの私がお答えします。

結論から言ってしまうと

  • 犬がブロッコリーを食べても大丈夫です。
    スルフォラファン、食物繊維などの栄養満点。
  • ブロッコリーは、生でも食べられます。芯もOK。
  • ブロッコリーは硬いため、小さく切って与えるのがベストです。のどに詰まる心配もなく、消化しやすくなります。
  • ブロッコリーの芯は特に硬いため、厚めに皮を剥いてあげると、食べやすくなります。
  • ドッグフードにトッピングとして与える場合や、おやつとして与える場合は、給与量に注意しましょう。
    与えすぎると肥満の原因になります。
  • ブロッコリーの加工品には注意しましょう。一部、油分や塩分が多い場合があります。
    生のブロッコリーを、味付けせずにそのまま与えるのが、フレッシュな栄養を取れますのでオススメです。

では、下記から詳しく見ていきましょう。

【結論】犬がブロッコリーを食べても大丈夫です

【保存版】犬はブロッコリーを食べても大丈夫です【生も芯もOK】

上記のとおりですが、犬がブロッコリーを食べても大丈夫です。

なぜなら、ブロッコリーには、犬にとって体に良くない成分は含まれておらず、栄養満点だからです。

でも、犬にブロッコリーを与えるときは、与え方や給与量など、少しだけ注意点があります。

それでは、下記からは、愛犬がブロッコリーを食べるメリットや注意点を見ていきましょう。

犬がブロッコリーを食べるメリット【栄養満点】

【保存版】犬はブロッコリーを食べても大丈夫です【生も芯もOK】

ブロッコリーには、スルフォラファン、食物繊維、クロム、アントシアニン、イソチオシアネート、β‐カロテン、ビタミンC、カリウムなど栄養たっぷり。

では、具体的に、主な栄養についてみていきましょう。

ちなみに、詳しい栄養成分については、最後で解説していますので、興味のある方は参考にしてくださいね。

ブロッコリーに含まれているスルフォラファンが健やかなコンディションを維持します

ブロッコリーには、スルフォラファンという、強い解毒作用があり、発がん物質を体外へ排出する成分が含まれています。

また、スルフォラファンは、ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトに特に多く含まれていて、その量は、なんと通常のブロッコリーの20倍です。

そのため、ブロッコリーは愛犬の健やかなコンディションの維持にピッタリの食材ですね。

ブロッコリーの食物繊維が、腸内の健康を維持してくれます

ブロッコリーには、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、腸内の善玉菌を活性化してくれますので、愛犬の良好な便通など、腸内の健康を維持してくれます。

ブロッコリーに含まれているクロムが、血糖値などを正常に維持します

ブロッコリーに含まれているクロムという成分は、人間に必要な必須ミネラルの一つです。

クロムは、体内で血糖値を調節しているインスリンの働きを助け、血糖値、血圧、コレステロール値の正常に維持します。

ブロッコリーに含まれているアントシアニン、ルテインが目の健康を維持します

ブロッコリーには、アントシアニン、ルテインが含まれています。

アントシアニンは、ブロッコリーだけではなく、ブルーベリーやナス、紫いもなどに含まれているポリフェノールの一種で、紫色の天然色素です。

ブロッコリーのつぼみが少し紫がかって見えるのは、アントシアニンによるものなんです。

アントシアニンは、目の健康維持、血糖値や血圧の正常維持を助けます。

また、目の組織を保護したり、活性酸素除去力を持つルテインも豊富に含まれています。

ブロッコリーに含まれるイソチオシアネートが毎日の健康を維持します

イソチオシアネートは、大根やブロッコリー、キャベツ、菜の花などのアブラナ科の野菜に含まれている辛み成分です。

このイソチオシアネートには、強力な抗酸化力があり、愛犬の毎日の健康維持を助けてくれます。

また、イソチオシアネートは、スルフォラファンと同じく、ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトに特に多く、その量は通常のブロッコリーの10倍にもなります。

ブロッコリーのβ-カロテンが愛犬の健やかなコンディションの維持に役立ちます

ブロッコリーには、活性酸素を除去するβ-カロテンが含まれています。

β-カロテンは必要に応じて、犬の体の中でビタミンAに変換されます。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常に維持してくれます。

また、体内の活性酸素を除去する働きがありますので、愛犬の健やかなコンディションの維持に役立ちます。

ブロッコリーにはビタミン、ミネラルが豊富に含まれています!

ブロッコリーにはビタミンC、カリウムなどのビタミン、ミネラルがバランスよく含まれていて、栄養たっぷりの野菜です。

カリウムは、余分な塩分を体の外へ排出し、血圧を正常に維持します。

また、健やかなコンディションを維持するビタミンCにおいては、なんと、レモンよりも多く含まれているんです。

ブロッコリーは生でも食べられます【芯もOK】

【保存版】犬はブロッコリーを食べても大丈夫です【生も芯もOK】

上記のとおり、ブロッコリーは生でも食べられます。

また、ブロッコリーの芯の部分には、特に多くの食物繊維が含まれているのですが、食べさせ方に少し注意が必要です。

ブロッコリーを与えるときは、以下のことに注意しましょう。

  • 生のブロッコリーは硬いので、細かく切って与えるようにしましょう。
    でないと、食べにくいですし、消化不良になるかもしれません。
  • 生のほうが、ビタミン、ミネラルを豊富にとるが出来ますが、茹でてあげたほうが、犬は食べやすくなります。
  • ブロッコリーの芯の皮は特に硬いので、少し厚めに皮を剥いてあげると食べやすくなります。

上記のことに気を付けてあげましょう。

ブロッコリーを食べると甲状腺機能低下症になる?【結論気にする必要なし】

上記のようなことが、よくインターネットサイトでも書かれていたりするのですが、結論ほとんど気にする必要はありません。

基本、ドッグフードを食べさせていて、おやつやトッピングとしてブロッコリーを与える程度であれば、影響は限りなく低いからです。

上記のようなことが言われる理由は、ブロッコリーなどのアブラナ科にグルコシレノートという成分が含まれているからです。

このグルコシレノートは、体内で消化されることによりイソチオシアネートに変わります。

強力な抗酸化力を持っていて、本来、犬の健康にいい成分です。

しかし、その反面、身体の代謝を調節する甲状腺ホルモンを作るために必要な、ヨウ素の吸収を妨害する働きがあります。

そして、大量に取ることで、甲状腺機能低下症を発症する可能性があると言われているんです。

とはいえ、上記のような作用は、自分の体重よりも、かなりの量のブロッコリーを一度に食べない限り、現れることはありませんので、気にすることはないんです。

犬がブロッコリーを食べるときの給与量【肥満に注意です】

【保存版】犬はブロッコリーを食べても大丈夫です【生も芯もOK】

犬にブロッコリーを与えるときには、給与量に注意しましょう。

ブロッコリーには、水分が多く含まれていますので、与えすぎると、お腹がゆるくなる原因にもなります。

また、ブロッコリーはとてもヘルシーな野菜ですが、与えすぎると肥満の原因にもなります。

ですので、ドッグフードにトッピングとして与える場合や、おやつとして、ブロッコリーを与える場合は、その分、主食のドッグフードを減らしてあげる必要があります。

基本的に、ドッグフードは愛犬の1日当たりの摂取カロリーで、給与量を計算しているため、何かおやつやトッピングを追加するということは、その分、カロリー過多ということになるからです。

ちなみに、細かく給与量を計算する必要はありませんが、ブロッコリー(茹でた場合)のエネルギーは、100gあたり27kcalです。

ブロッコリーを与えるときは、ドッグフードを含めた、適量を与えるようにしましょうね。

犬にブロッコリーを手作り食で与えてみる

ブロッコリーを、トッピングやおやつではなく、手作り食として与えたいとお考えの飼い主さんもいるのではないでしょうか。

ブロッコリーを切って与えるだけでも十分おいしいのですが、料理サイト「クックパッド」で、ブロッコリーを使った犬の手作り食がありましたので、参考に下記リンクよりご覧くださいね。

>>クックパッド(ブロッコリーの犬ごはん)

犬がブロッコリーを食べるQ&A

【保存版】犬はブロッコリーを食べても大丈夫です【生も芯もOK】

ブロッコリーは皮ごとあげても大丈夫?

はい、大丈夫です。
ただし、ブロッコリーの皮は硬く、食べにくいですし、消化にも良くありません。
特に芯の部分は硬いため、少し厚めに芯の皮を剥いて、細かく切ってあげると、食べやすいですし、消化もしやすくなりますよ。

 

ブロッコリーは生のまま与えても大丈夫?

大丈夫です。
ブロッコリーは加熱するよりも、生のまま与えたほうが栄養をたくさん取ることが出来ます。
水分補給の面でも有効です。

 

ブロッコリーの加工品、料理は与えても大丈夫?

大丈夫です。
でも、油や塩分が多くなることがあるため、与えすぎ(肥満)に注意しましょう。

どうせあげるなら、味付けはせずに、生や茹でたブロッコリーを与えるほうが、フレッシュな栄養分を摂取できますのでオススメですよ。
ちなみに、ブロッコリーの加工品や料理は下記のようなものがありますね。参考にどうぞ。

  • シチュー:NG(油分、塩分も多く、味付けが濃いです。犬には毒なタマネギやネギが入っていて危険)
  • ブロッコリーサラダ:OK(油分、塩分の多いドレッシングや、犬に毒なタマネギやネギ、アボカドなどが入っていなければOK)
  • ブロッコリーの天ぷら:NG(油分が多すぎます)

 

ブロッコリーはアレルギーになりやすいの?

ブロッコリーが、特別にアレルギーになりやすいということはありません。
どんな食べ物も、アレルギーになる可能性はありますので、大事なことは、動物病院に相談して、愛犬がアレルギーを引き起こす食べ物を把握しておくことです。
ちなみに、食べ物アレルギーを引き起こしたときの主な症状は下記のとおりです。チェックしておきましょう。

嘔吐、下痢、体をかゆがる、震え、脱毛、皮膚にかき傷がある、外耳炎

【参考】ブロッコリーの栄養成分表

参考に、ブロッコリー(茹でた場合)の栄養成分を見てみましょう。

なお、下表は、100gあたりの数値で記載しています。

成分 含有量 成分 含有量
たんぱく質 3.5g 飽和脂肪酸 0.05g
脂質 0.4g 不飽和脂肪酸 0.12g
炭水化物 4.3g コレステロール 0g
灰分 0.5g 食物繊維 3.7g
水分 91.3g エネルギー 27kcal

さらに、ビタミン、ミネラルについては下表のとおりです。

成分 含有量 成分 含有量
カロテン 770μg ナイアシン 0.4mg
ビタミンE 2.1mg 葉酸 120μg
ビタミンB1 0.06mg ナトリウム 14mg
ビタミンB2 0.09mg カリウム 180mg
ビタミンB6 0.12mg カルシウム 33mg
ビタミンC 54mg マグネシウム 17mg
ビタミンK 150μg リン 66mg
パントテン酸 0.78mg 0.7mg

【まとめ】犬はブロッコリーを食べれます【生も芯もOK】

【保存版】犬はブロッコリーを食べても大丈夫です【生も芯もOK】

最初でも書きましたが、まとめると下記のようになります。

  • 犬がブロッコリーを食べても大丈夫です。スルフォラファン、食物繊維などの栄養満点。
  • ブロッコリーは、生でも食べられます。芯もOK。
  • ブロッコリーは硬いため、小さく切って与えるのがベストです。のどに詰まる心配もなく、消化しやすくなります。
  • ブロッコリーの芯は特に硬いため、厚めに皮を剥いてあげると、食べやすくなります。
  • ドッグフードにトッピングとして与える場合や、おやつとして与える場合は、給与量に注意しましょう。
    与えすぎると肥満の原因になります。
  • ブロッコリーの加工品には注意しましょう。一部、油分や塩分が多い場合があります。
    生のブロッコリーを、味付けせずにそのまま与えるのが、フレッシュな栄養を取れますのでオススメです。

上記のとおりです。

どんな食べ物も、飼い主さんの管理が必要ですね。

愛犬と健やかな毎日を過ごすためにも、飼い主さんが愛犬に与えていいもの、与えてはいけないもの、または与え方を確実に管理してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です