>>健康にいい愛犬のためのドッグフードはこちら<<

【保存版】犬はピーマンを食べても大丈夫【生もOK、種も栄養豊富】

【保存版】犬はピーマンを食べても大丈夫【生もOK、種も栄養豊富】

飼い主さんが美味しそうに食べていた、ピーマンがずっと気になっています! 私たち犬も食べれるのかなぁ。

ちゃこ

にっこり3兄弟

はい、じゃあ、私たちもピーマンを食べれるのか、詳しく見ていきましょう。

上記のとおりです。

結論から言ってしまうと

  • 犬がピーマンを食べても大丈夫です。
    β-カロテン、クロロフィル、カプサンチンなどの栄養満点。
  • ピーマンは、生でも加熱しても食べられます。
  • ピーマンは、皮、種、ワタも含めて丸ごと食べられます。栄養満点。
    ただし、愛犬に与えるときは、食べやすく消化も良くするために、小さく切って与えましょう。
  • ドッグフードにトッピングとして与える場合や、おやつとして与える場合は、給与量に注意しましょう。
    与えすぎると肥満の原因になります。
  • ピーマンの加工品には注意しましょう。塩分、油脂分の多い場合があります。
    生のピーマンを、味付けせずにそのまま加熱して与えるのが、フレッシュな栄養を取れますのでオススメです。

では、下記から詳しく見ていきましょう。

【結論】犬がピーマンを食べても大丈夫です

【保存版】犬はピーマンを食べても大丈夫【生もOK、種も栄養豊富】

上記のとおりですが、犬がピーマンを食べても大丈夫です。

なぜなら、ピーマンの果肉には、犬にとって体に良くない成分は含まれておらず、栄養満点だからです。

とはいえ、犬にピーマンを与えるときは、上記のような与え方や給与量など注意点がありますので、下記から詳しく見ていきましょう。

犬がピーマンを食べるメリット【栄養満点】

【保存版】犬はピーマンを食べても大丈夫【生もOK、種も栄養豊富】

ピーマンには、β-カロテン、クロロフィル、カプサンチン、ピラジン、クエルシトリン、ルテオリン、食物繊維、カリウム、ビタミンCなど栄養たっぷり。

では、具体的に、主な栄養についてみていきましょう。

ちなみに、詳しい栄養成分については、最後で解説していますので、興味のある方は参考にしてくださいね。

ピーマンのβ-カロテンが愛犬の健やかなコンディションの維持に役立ちます

ピーマンには、活性酸素を除去するβ-カロテンが含まれています。

β-カロテンは必要に応じて、犬の体の中でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を正常に維持してくれます。

また、体内の活性酸素を除去する働きがありますので、愛犬の健やかなコンディションの維持に役立ちます。

ピーマンのクロロフィル、カプサンチンが血液の健康を維持します

ピーマンには強い抗酸化力を持つクロロフィル、カプサンチンという成分が含まれています。

クロロフィルは緑色の野菜や海藻にも含まれている天然色素で、体内の毒素を排出したり、血中コレステロールを正常に維持してくれる働きがあります。

また、赤ピーマンには、赤い色素成分のカプサンチンが含まれています。

カプサンチンには、血管の活性酸素や一酸化窒素が過剰に増えるのを防ぎ、愛犬の体を若々しく保つ役割があります。

ピーマンのピラジン、クエルシトリンが血行を促進してくれます

ピーマンの種とワタには、ピーマン独自の成分であるピラジンと、ドクダミなどにも含まれるポリフェノールの一種クエルシトリンが含まれています。

ピラジンは血行促進とリラックス効果、クエルシトリンは、血行を促進したり、血中の中性脂肪や血圧を正常に維持してくれます。

ピーマンは、種とワタにも栄養が満点ということですね。

ピーマンのルテオリンがアレルギー症状を抑えます

ピーマンには、強力な抗酸化力を持つフラボノイドの一種、ルテオリンが含まれています。

ルテオリンは、花粉症の症状や鼻詰まりなどのアレルギー症状を抑えることで知られていて、愛犬の健やかなコンディションを維持します。

ピーマンの食物繊維が、腸内の健康を維持してくれます

ピーマンには、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、腸内の善玉菌を活性化してくれますので、愛犬の良好な便通など、腸内の健康を維持してくれます。

ピーマンにはビタミン、ミネラルが豊富に含まれています!

ピーマンには、下記のようにビタミン、ミネラルがバランスよく含まれていて、栄養たっぷりの野菜です。

  • ビタミンB1:糖質や脂質をエネルギーに変える、疲れにくい体作り
  • ビタミンB2:皮膚や毛の健康維持
  • ビタミンC:皮膚や粘膜の正常維持、強力な活性酸素除去力があり、健康な毎日を維持
  • ビタミンE:血行を良くしたり、若々しい細胞を維持
  • ビタミンK:血液の健康維持、骨の形成を促す、丈夫な骨を維持する
  • カリウム:利尿作用により余分な塩分を体の外へ排出、血圧を正常に維持

上記のほかにも、ピーマンにはビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

特にビタミンCの含有量については、野菜の中でもトップクラスで、2個の緑ピーマンを食べればレモン1個分にもなります。

特に赤ピーマンには多く含まれ、その量は緑ピーマンの2倍以上です。

犬は生でもピーマンを食べられます【種、ワタも栄養豊富】

【保存版】犬はピーマンを食べても大丈夫【生もOK、種も栄養豊富】

ピーマンを犬に与えるときに気を付けることは、下記のとおりです。

  • 犬はピーマンを生でも食べられます。
  • 上記のとおりですが、茹でたり、蒸すなど加熱すれば、柔らかくなり、より食べやすくなります。
  • ピーマンは、小さく切ってから与えましょう。
    食べやすくなりますし、のどに詰まってしまう危険もなくなります。
  • ピーマンの種、ワタも食べられます。栄養豊富。
    特にピーマンの種には、血行を促進するピラジン、クエルシトリンが含まれていて、愛犬の健康維持に効果的です。
  • とはいえ、ピーマンの種、ワタをそのまま与えると、犬にとっては食べにくく、消化にも良くないので、小さく切ってから与えるようにしましょう。

上記から、結論、ピーマンは犬に与えてもOK。

生でも加熱しても食べられますし、種もワタもOKですが、小さく切ってから与えるのが必須です。

犬がピーマンを食べるときの給与量【肥満に注意です】

【保存版】犬はピーマンを食べても大丈夫【生もOK、種も栄養豊富】

犬にピーマンを与えるときには、給与量に注意しましょう。

与えすぎると、肥満の原因にもなります。

ですので、ドッグフードにトッピングとして与える場合や、おやつとして、ピーマンを与える場合は、その分、主食のドッグフードを減らしてあげる必要があります。

基本的に、ドッグフードは愛犬の1日当たりの摂取カロリーで、給与量を計算しているため、何かおやつやトッピングを追加するということは、その分、カロリー過多ということになるからです。

ちなみに、細かく給与量を計算する必要はありませんが、ピーマン(緑)のエネルギーは、100gあたり22kcalです。

犬にピーマンを与えるときは、ドッグフードを含めた、適量を与えるようにしましょうね。

犬にピーマンを手作り食で与えてみる

ピーマンを、トッピングやおやつではなく、手作り食として与えたいとお考えの飼い主さんもいるのではないでしょうか。

ピーマンを、加熱して小さく切って与えるだけでも十分おいしいのですが、料理サイト「クックパッド」で、ピーマンを使った犬の手作り食がありましたので、参考に下記リンクよりご覧くださいね。

>>クックパッド(ピーマンの犬ごはん)

犬がピーマンを食べるQ&A

【保存版】犬はピーマンを食べても大丈夫【生もOK、種も栄養豊富】

ピーマンは皮ごとあげても大丈夫?

はい。大丈夫です。
皮も果肉と一緒に与えましょう。栄養満点ですよ。
ただし、小さく切ってから与えるようにしましょう。
食べやすくなりますし、消化にも良くなります。

 

では、ピーマンの種やワタは、犬に与えても大丈夫?

はい。種もワタも大丈夫です。
種やワタには、ピラジン、クエルシトリンが含まれていて栄養満点ですよ。
なお、皮と同じく、小さく切ってから与えるようにしましょう。

 

ピーマンは生のまま与えても大丈夫?

はい。生でもOKです。
もし、愛犬がピーマンのこと苦手な場合は、少し炒めてあげると甘みが増して、食べやすくなりますよ。

 

ピーマンの加工品、料理は与えても大丈夫?

大丈夫です。
でも、塩分や油脂分が多くなることがあるため、与えすぎ(肥満)に注意しましょう。

人間と同じ味付けは、基本的には、犬には濃すぎます。
ピーマンには、余計な味付けはせずに、生のピーマンを茹でるか、蒸して与えるのがオススメです。
ちなみに、ピーマンの加工品や料理は下記のようなものがありますね。参考にどうぞ。

  • ピーマンの肉詰め:OK(余計な塩分や油脂分はNG、玉ねぎ・ネギ類厳禁)
  • 野菜炒め:OK(余計な塩分や油脂分はNG、玉ねぎ・ネギ類厳禁)
  • チンジャオロース:OK(余計な塩分や油脂分はNG、玉ねぎ・ネギ類厳禁)

 

ピーマンはアレルギーになりやすいの?

ピーマンが、特別にアレルギーになりやすいということはありません。
どんな食べ物も、アレルギーになる可能性はありますので、大事なことは、動物病院に相談して、愛犬がアレルギーを引き起こす食べ物を把握しておくことです。
ちなみに、食べ物アレルギーを引き起こしたときの主な症状は下記のとおりです。チェックしておきましょう。

嘔吐、下痢、体をかゆがる、震え、脱毛、皮膚にかき傷がある、外耳炎

【参考】ピーマンの栄養成分表

参考に、ピーマンの栄養成分を見てみましょう。

ここでは、みなさんがスーパーでよく購入する一般的な「緑ピーマン」に加え、「赤ピーマン」の成分表も記載しています。

なお、下表は、100gあたりの数値で記載しています。

緑ピーマンの栄養成分

成分 含有量 成分 含有量
たんぱく質 0.9g 飽和脂肪酸
脂質 0.2g 不飽和脂肪酸
炭水化物 5.1g コレステロール 0g
灰分 0.4g 食物繊維 2.3g
水分 93.4g エネルギー 22kcal

さらに、ビタミン、ミネラルについては下表のとおりです。

成分 含有量 成分 含有量
カロテン 400μg ナイアシン 0.6mg
ビタミンE 0.8mg 葉酸 26μg
ビタミンB1 0.03mg ナトリウム 1mg
ビタミンB2 0.03mg カリウム 190mg
ビタミンB6 0.19mg カルシウム 11mg
ビタミンC 76mg マグネシウム 11mg
ビタミンK 20μg リン 22mg
パントテン酸 0.30mg 0.4mg

赤ピーマンの栄養成分

成分 含有量 成分 含有量
たんぱく質 1.0g 飽和脂肪酸
脂質 0.2g 不飽和脂肪酸
炭水化物 7.2g コレステロール 0g
灰分 0.5g 食物繊維 1.6g
水分 91.1g エネルギー 30kcal

さらに、ビタミン、ミネラルについては下表のとおりです。

成分 含有量 成分 含有量
カロテン 1,100μg ナイアシン 1.2mg
ビタミンE 4.3mg 葉酸 68μg
ビタミンB1 0.06mg ナトリウム
ビタミンB2 0.14mg カリウム 210mg
ビタミンB6 0.37mg カルシウム 7mg
ビタミンC 170mg マグネシウム 10mg
ビタミンK 7μg リン 22mg
パントテン酸 0.28mg 0.4mg

【まとめ】犬はピーマンを食べれます【生でも加熱してもOK、種、ワタも栄養豊富】

【保存版】犬はピーマンを食べても大丈夫【生もOK、種も栄養豊富】

最初でも書きましたが、まとめると下記のようになります。

  • 犬がピーマンを食べても大丈夫です。
    β-カロテン、クロロフィル、カプサンチンなどの栄養満点。
  • ピーマンは、生でも加熱しても食べられます。
  • ピーマンは、皮、種、ワタも含めて丸ごと食べられます。栄養満点。
    ただし、愛犬に与えるときは、食べやすく消化も良くするために、小さく切って与えましょう。
  • ドッグフードにトッピングとして与える場合や、おやつとして与える場合は、給与量に注意しましょう。
    与えすぎると肥満の原因になります。
  • ピーマンの加工品には注意しましょう。塩分、油脂分の多い場合があります。
    生のピーマンを、味付けせずにそのまま加熱して与えるのが、フレッシュな栄養を取れますのでオススメです。

上記のとおりです。

どんな食べ物も、飼い主さんの管理が必要ですね。

愛犬と健やかな毎日を過ごすためにも、飼い主さんが愛犬に与えていいもの、与えてはいけないもの、または与え方を確実に管理してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です