>>健康にいい愛犬のためのドッグフードはこちら<<

【結論】犬はしめじを食べても大丈夫。栄養豊富です【生はNG】

【結論】犬はしめじを食べても大丈夫。栄養豊富です【生はNG】

飼い主さんがいつも美味しそうに食べている、しめじが気になります! 私たち犬も食べれるのかなぁ。

ちゃこ

にっこり3兄弟

はい、じゃあ、私たちもしめじを食べれるのか、詳しく見ていきましょう。

上記のとおりです。

結論から言ってしまうと

  • 犬がしめじを食べても大丈夫です。
    β-グルカン、エルゴステロール、GABA、オルニチンなど栄養満点。
  • しめじは、生では食べられません。
    生だと、うまく消化しきれないことがあります。
  • 上記のとおりですので、しめじは、茹でる、蒸す、焼くなど加熱してから与えましょう。
  • しめじは、加熱後、小さく切ってから与えましょう。
    食べやすく、消化にも良くなります。
  • ドッグフードにトッピングとして与える場合や、おやつとして与える場合は、給与量に注意しましょう。
    与えすぎると肥満の原因になります。
  • しめじを使った料理には注意しましょう。
    塩分や油分、カロリーの多い場合があります。

    生のしめじを、味付けせずにそのまま加熱して与えるのが、フレッシュな栄養を取れますのでオススメです。

では、下記から詳しく見ていきましょう。

【結論】犬がしめじを食べても大丈夫です

 

上記のとおりですが、犬がしめじを食べても大丈夫です。

なぜなら、しめじには、犬にとって体に良くない成分は含まれておらず、栄養満点だからです。

とはいえ、犬にしめじを与えるときは、与え方や給与量など注意点がありますので、下記から詳しく見ていきましょう。

犬がしめじを食べるメリット【栄養満点】

 

しめじには、β-グルカン、エルゴステロール、食物繊維、GABA、オルニチン、ビタミン、ミネラルなど栄養たっぷり。

では、具体的に、主な栄養についてみていきましょう。

ちなみに、詳しい栄養成分については、最後で解説していますので、興味のある方は参考にしてくださいね。

しめじのβ-グルカンが、健やかなコンディションを維持します

しめじには、β-グルカンという成分が含まれています。

β-グルカンはキノコ類全般に含まれている栄養成分で、白血球の細菌やウィルス、がん細胞を食べる能力を高めて、愛犬の健やかなコンディションを維持します。

しめじのエルゴステロールが、骨や歯を健康的に維持します

しめじには、エルゴステロールという成分が含まれています。

エルゴステロールは、カルシウムの吸収を助け、骨や歯を健康的に維持する役割があります。

しめじの食物繊維が、腸内の健康を維持してくれます

しめじには、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、腸内の善玉菌を活性化してくれますので、愛犬の良好な便通など、腸内の健康を維持してくれます。

しめじに含まれるGABAが、愛犬のリラックスや正常な血圧を維持します

しめじに含まれるGABAとは、「Gamma Amino Butyric Acid」の略で、正式名称はγ-アミノ酪酸です。

GABAには、興奮をしずめてリラックスしたり、血圧を正常に維持する効果があります。

ちなみに、GABAは、チョコレートやココアの原料であるカカオに含まれていることは有名ですが、他にも、トマト、じゃがいも、アスパラガス、メロンにも多く含まれています。

しめじのオルニチンが、愛犬の疲れにくい元気な体を維持します

しめじには、オルニチンというアミノ酸の一種が含まれています。

オルニチンには、肝臓の解毒作用などの働きを助けますので、脂肪をエネルギーに変えたり、疲労物質であるアンモニアの代謝を促進し、愛犬の疲れにくい元気な体を維持します。

肝臓の働きを助けることから、二日酔いの予防で有名なオルニチン。

このオルニチンは、シジミに多く含まれていることが知られていますが、実は、しめじに含まれるオルニチンの量は、なんとシジミの7倍以上なんです。

しめじには、ビタミン、ミネラルもバランスよく含まれています!

しめじには、下記のようにビタミン、ミネラルがバランスよく含まれていて、栄養たっぷりの野菜です。

  • ビタミンB1:糖質や脂質をエネルギーに変える、疲れにくい体作り
  • ビタミンB2:皮膚や毛の健康維持
  • ビタミンD:カルシウムの吸収を助け、丈夫な骨を維持する。
  • カリウム:利尿作用により余分な塩分を体の外へ排出、血圧を正常に維持
  • 葉酸:ビタミンB12と協力して血液を作る別称「造血のビタミン」。血中コレステロールの正常維持。
  • パントテン酸:コレステロールの正常維持。ストレスを和らげたり、健康的な髪や肌を維持する。
  • ナイアシン:脂肪や糖質をエネルギーに変える。血行促進や、肌や粘膜の健康維持も。
  • リジン:たんぱく質やカルシムの吸収を助ける。糖質をエネルギーに変え、身体を修復したり、疲れにくい体の維持にも役立つ。

しめじは水分補給にピッタリ。夏の熱中症対策にオススメ

しめじは、全体の約90%以上が水分です。

また、しめじはその香りから食いつきがよく、犬が大好きなキノコですので、効率的に水分補給ができ、夏の熱中症予防にピッタリです。

犬は、しめじを生では食べられません【消化しにくい】

 

上記のとおりですが、犬はしめじを生では食べられません。

これは人間も同じですよね。

詳しくは下記のとおりです。

  • 犬は、しめじを生では食べられません。
    食物繊維が非常に多く、消化しにくい場合があります。
  • 上記により、しめじは、茹でる、蒸す、焼くなど加熱してから与えるようにしましょう。
  • ただし、焼くときにはなるべく油は控えましょう。
    しめじは油を吸収しやすいため、犬にとっては、カロリー過多になってしまうかもしれません。
  • 加熱したときのだし汁も栄養満点。
    愛犬に飲ませたり、ドッグフードをふやかすのに使ってもOKです。
  • しめじは、小さく切ってから与えましょう。
    小さくすることで食べやすくなりますし、消化も良くなります。

上記から、結論、しめじは必ず加熱調理して、食べやすいように小さく切ってから与えましょう。

【参考】しめじのレンチナンに健康効果あり?【実証なし】

レンチナンは、免疫細胞を活性化する目的から、抗がん剤の一種として、がん患者に注射という形で使用されます。

このレンチナン、実はしめじに加えて、しいたけやマイタケなどに含まれる、β-グルカンから抽出される成分です。

とはいえ、しめじやしいたけ、マイタケなどを食べただけで、レンチナンによる抗がん作用があるのかと言えば、そういう実証は何もありません。

つまり、あくまでもレンチナンは、注射という形で薬に加工されて使用されますので、しめじやしいたけ、マイタケなどを食べたからと言って、抗がん作用があるかどうかは分かっておらず、なんとも言えないというのが現状なんです。

しかし、しめじが栄養満点で、健康維持に効果があるのは間違いありませんので、犬にもオススメの食材です。

犬がしめじを食べるときの給与量【肥満に注意です】

 

犬にしめじを与えるときには、給与量に注意しましょう。

与えすぎると、肥満の原因にもなります。

ですので、ドッグフードにトッピングとして与える場合や、おやつとしてしめじを与える場合は、その分、主食のドッグフードを減らしてあげる必要があります。

基本的に、ドッグフードは愛犬の1日当たりの摂取カロリーで、給与量を計算しているため、何かおやつやトッピングを追加するということは、その分、カロリー過多ということになるからです。

ちなみに、細かく給与量を計算する必要はありませんが、しめじのエネルギーは、100gあたり18kcalです。

しめじは、食べ物の中でもかなりヘルシーですが、とはいえ、犬にしめじを与えるときは、ドッグフードを含めた、適量を与えるようにしましょうね。

犬にしめじを手作り食で与えてみる

しめじを、トッピングやおやつではなく、手作り食として与えたいとお考えの飼い主さんもいるのではないでしょうか。

料理サイト「クックパッド」で、しめじを使った犬の手作り食がありましたので、参考に下記リンクよりご覧くださいね。

>>クックパッド(しめじの犬ごはん)

犬がしめじを食べるQ&A

 

しめじは、かさも茎も丸ごとあげても大丈夫?

はい。大丈夫です。
とはいえ、愛犬に与えるときは、消化にいいように、小さく切ってから与えるようにしましょう。

 

しめじは生のまま与えても大丈夫?

いいえ。生はNGです。
しめじは、食物繊維が非常に多いため、生では消化不良になることがあります。
人間が食べるのと同じように、必ず、茹でる、蒸す、加熱するなど加熱してから与えるようにしましょう。

 

しめじを使った料理は与えても大丈夫?

大丈夫です。
でも、塩分や油脂分が多くなることがあるため、与えすぎ(肥満)に注意しましょう。

人間と同じ味付けは、基本的には、犬には濃すぎます。
しめじには、余計な味付けはせずに、生のしめじを茹でる、蒸す、焼くなど加熱して与えるのがオススメです。
ちなみに、しめじを使った料理は下記のようなものがありますね。参考にどうぞ。

  • しめじのバターソテー:NG(塩分、油分が多い。素焼きならOK)
  • しめじのスープ:OK(ただし、味付けによる塩分は控えめにしましょう)
  • しめじのパスタ:NG(塩分、油分が多く、カロリーも高すぎます)
  • しめじの炊き込みご飯:OK(ただし、味付けによる塩分は控えめにしましょう)

 

しめじはアレルギーになりやすいの?

しめじが、特別にアレルギーになりやすいということはありません。
どんな食べ物も、アレルギーになる可能性はありますので、大事なことは、動物病院に相談して、愛犬がアレルギーを引き起こす食べ物を把握しておくことです。
ちなみに、食べ物アレルギーを引き起こしたときの主な症状は下記のとおりです。チェックしておきましょう。

嘔吐、下痢、体をかゆがる、震え、脱毛、皮膚にかき傷がある、外耳炎

【参考】しめじの栄養成分表

参考に、しめじの栄養成分を見てみましょう。

ここでは、みなさんがスーパーでよく購入する一般的な「ブナしめじ」の栄養成分を記載しています。

なお、下表は、100gあたりの数値で記載しています。

成分 含有量 成分 含有量
たんぱく質 2.7g 飽和脂肪酸 0.05g
脂質 0.6g 不飽和脂肪酸 0.26g
炭水化物 5.0g コレステロール
灰分 0.9g 食物繊維 3.7g
水分 90.8g エネルギー 18kcal

さらに、ビタミン、ミネラルについては下表のとおりです。

成分 含有量 成分 含有量
カロテン ナイアシン 6.6mg
ビタミンE 葉酸 28μg
ビタミンB1 0.16mg ナトリウム 3mg
ビタミンB2 0.16mg カリウム 380mg
ビタミンB6 0.08mg カルシウム 1mg
ビタミンC マグネシウム 11mg
ビタミンD 0.6μg リン 100mg
パントテン酸 0.86mg 0.4mg

【まとめ】犬はしめじを食べれます【栄養満点でも生はNG】

 

最初でも書きましたが、まとめると下記のようになります。

  • 犬がしめじを食べても大丈夫です。
    β-グルカン、エルゴステロール、GABA、オルニチンなど栄養満点。
  • しめじは、生では食べられません。
    生だと、うまく消化しきれないことがあります。
  • 上記のとおりですので、しめじは、茹でる、蒸す、焼くなど加熱してから与えましょう。
  • しめじは、加熱後、小さく切ってから与えましょう。
    食べやすく、消化にも良くなります。
  • ドッグフードにトッピングとして与える場合や、おやつとして与える場合は、給与量に注意しましょう。
    与えすぎると肥満の原因になります。
  • しめじを使った料理には注意しましょう。
    塩分や油分、カロリーの多い場合があります。
    生のしめじを、味付けせずにそのまま加熱して与えるのが、フレッシュな栄養を取れますのでオススメです

上記のとおりです。

どんな食べ物も、飼い主さんの管理が必要ですね。

愛犬と健やかな毎日を過ごすためにも、飼い主さんが愛犬に与えていいもの、与えてはいけないもの、または与え方を確実に管理してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です